トピックス

高山羽根子の本名や出身高校などプロフィール!結婚は?小説の評判についても!

こんにちは!hiroです。

第163回芥川賞が発表されましたね!

今年の候補作は圧倒的な候補作がなく、選考はもめるのでは?と言われていましたが、前評判で一番の有力候補とされていた、高山羽根子さんの作品「首里の馬」が受賞となりました。

高山羽根子さんが芥川賞にノミネートされるのは、今回で3回目だったので、正に「三度目の正直」となりましたね。

そんな高山羽根子さんですが、いったいどのような人物なのでしょうか?

ここでは、高山羽根子の本名や出身高校などプロフィール!結婚は?小説の評判についても!と題しまして、高山羽根子さんについてご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

高山羽根子さんの本名や出身高校などプロフィール!

高山羽根子さんの本名は?

作家として活躍されている高山羽根子さんですが、こちらの名前はペンネームであるということが分かっています。

そして、気になる本名ですが、公表されてはいませんでした。

羽根子さんという名前、とても美しく印象的なお名前だなぁと思ったのですが、ペンネームだったのですね。

高山羽根子さんの本名が公表されましたら、お伝えしたいと思います。

高山羽根子さんの出身高校は?

高山羽根子さんは富山県のご出身ということですが、母親の実家のある富山市で生まれ、育ったのは関東地方ということでした。

出身高校については公表されていませんが、関東地方のどこかの高校ということになりますね。

ご出身が富山県ということでしたので、富山県内の高校に通われていたものと思っていたのですが、違ったようです。

また、高山羽根子さんは野球がお好きなようで、なかでも横浜DeNAベイスターズの大ファンなんだそう。

そのことから、もしかしたら横浜もしくは神奈川県で育ったのかもしれません。

出身高校についても、公表されましたらお伝えしたいと思います。

高山羽根子さんのプロフィール

この投稿をInstagramで見る

🌸蔵出し画像たっぷり🌸 5月31日(日)『おかえり台湾』の池澤春菜さんと高山羽根子さんの「ただいま対談」配信です😍🙌 🔍ただいま対談🔎で検索してみてくださいね🤗 今日の蔵出しは動画です🤩🎬 書店で「何か気になるものは?」の問いに羽根子さんが指差したのは…😏 #いつか行く旅 #台湾旅行 #旅行好きな人と繋がりたい #台湾好きな人と繋がりたい #池澤春菜 #高山羽根子 #旅 #旅行 #台湾女子旅 #読書 #読書好きな人と繋がりたい #書店 #書店員 書店…員…? #猫 #どう見ても猫 #保護猫 #保護猫のいる本屋さん

出版社インプレス デジクリ編集統括部(@impress.creation)がシェアした投稿 –

高山 羽根子(たかやま はねこ)

  • 本名 非公開
  • 生年月日 1975年(現在44歳または45歳)
  • 出身地 富山県
  • 職業 SF作家、小説家
  • 学歴 多摩美術大学美術学部絵画学科卒業

高山羽根子さんは、高校卒業後は多摩美術大学に進学され、日本画を専攻されていたということです。

大学在学中はグループ展や公募展などで絵画作品を発表していたそうです。

大学卒業後、就職してからも絵は描き続けていて、小説を書き始めたのが30代半ば

転職したことで創作活動できる環境になり、小説を書き始めたんだそうです。

かといって絵を描くのをやめたというわけではなく、絵では表現できないことを文字で表現している、ということなんだそうですよ。

高山羽根子さんは、根っからの文系というよりは、表現者としての才能あふれる方だったのですね。

絵画も小説も書けるなんて、羨ましすぎます!

スポンサーリンク

高山羽根子さんは結婚している?

あまりプライベートな事を公表していない高山羽根子さんですが、現在44歳か45歳ということで、結婚はしているのでしょうか?

調べてみたところ、ツイッターでこのようなツイートを発見しました。


「独身時代飼ってたネズミ」とおっしゃっているので、どうやらご結婚されているようですね。

旦那様も、今回の芥川賞受賞はとても喜んでいるのではないでしょうか?

そして、旦那様以外のご家族がいらっしゃるのか気になったので調べたのですが、お子さんがいるかいないかについては分かりませんでした。

ただ、ワンちゃんを飼っていらっしゃるようです。


こちらのワンちゃん、高山羽根子さんのツイッターにたびたび登場していて、とても可愛がっている様子が見て取れます。

独身時代にはネズミを飼っていたそうですし(スナネズミとかでしょうか?)、大学時代はよく動物の絵を描いていたそうなので、高山羽根子さんは動物がお好きのようですね。

高山羽根子さんの小説の評判は?

高山羽根子さんがこれまで発表しているおもな小説作品は、

  • 「うどん キツネつきの」(デビュー作:2009年)
  • 「太陽の側の島」(第2回林芙美子文学賞大賞:2016年)
  • 「居た場所」(第160回芥川龍之介賞候補:2019年)
  • 「カム・ギャザー・ラウンド・ピープル」(第161回芥川龍之介賞候補:2019年)
  • 「首里の馬」(第163回芥川龍之介賞受賞、三島由紀夫賞候補:2020年)
  • その他短編

となっています。

これまで発表した作品は文学賞を受賞されていたり、芥川賞に3度もノミネートされるなど、その才能は確かなもののようですが、実際読んだ方の感想が気になりますね。

では、世間の評判を見ていきましょう。


ご紹介したのはごく一部の評判ですが、どれも評価が高いことが分かります。

今回は「首里の馬」が芥川賞受賞となりましたが、これをきっかけにその他の作品も注目されそうですね!

スポンサーリンク

まとめ

今回は、第163回芥川賞を受賞された高山羽根子さんについて、本名や出身高校といったプロフィールや、ご結婚されているのか、そして小説の評判についてお伝えしました。

高山羽根子さんの本名や出身高校は公表されていませんが、大学は多摩美術大学美術学部絵画学科を卒業されていて、大学では日本画を専攻されていたということです。

そして、ご自身のツイートから、ご結婚されていることが分かりました。

高山羽根子さんの小説については、読んだ方の評判を見てみると評価がとても高く、また今回芥川賞を受賞されたことから、今までの作品も注目されるのではないかと思われます。

高山羽根子さんや作品が気になった方は、是非一度読んでみてはいかがでしょうか。

遠野遥がイケメン!大学などwiki風プロフィールや経歴と評判も!【芥川賞候補】 こんにちは!hiroです。 第163回芥川賞・直木賞の候補作が発表されましたね。 芥川賞候補では、「赤い砂を蹴る」...

三木三奈の高校や大学などプロフィール!アキちゃんの評判についても! こんにちは!hiroです。 第163回芥川賞・直木賞のノミネート作品が先日発表されました。 どちらも毎年注目を集め...