トピックス

アベノマスクはいつ届くの?配布方法は?正しい洗い方についても!

こんにちは!hiroです。

新型コロナウイルスの感染拡大によるマスク不足を解消するため、政府から布マスクがすべての世帯を対象に、1世帯あたり2枚配布されることになっています。

この布マスク配布は、1世帯あたり2枚しか配布されないことで「ケチすぎる」、「家族の人数分足りてない」、「2枚だけじゃ何の役にも立たない」といった批判が相次ぎ、アベノマスクと揶揄される事態に。

ニャー
ニャー

こんな上手いこと言ったのは誰ニャ?

しかし、ドラッグストアやスーパーなどでは、マスクはほとんど手に入らない状況が続いています。
ここは、喜んで受け取っておきましょう!

また、小学校や中学校、高等学校や特別支援学校などには4月中旬以降、この布マスクを配布するということですので、高校生以下のお子さんの分が足りないという問題は解消できそうですよ。

さて、そのアベノマスクの配布ですが、いったいいつ届くのでしょうか?そして配布方法はどのような方法なんでしょうか?

意外と知らない布マスクの正しい洗い方とあわせて、お伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

アベノマスクはいつ届くの?

政府による布マスクの配布、いわゆるアベノマスクの配布ですが、いったいいつ届くのでしょうか?

4月9日のNHKニュースによりますと、来週から東京都など都市部を優先して郵送を開始する、となっています。


ですので、東京都でのアベノマスクの配布は4月13日から始まるということになりますね。

東京都の一番早い地域では、4月13日の週のうち、つまり4月17日頃には届くということになりそうです。

ニャー
ニャー

一番早い地域ってどこニャ?

どの地域が優先されるのかについては、感染の動向を見ながら判断していくとのことです。

また、東京都以外の地域へはいつ届くことになりそうか、といった詳細はまだ分かっていません。

アベノマスクの配布の方法は?

今回配布されるアベノマスクは、郵送での配布になるということです。

日本郵政が把握している各住所の郵便受けに投函されますので、特別な手続きなどは必要ありません。

この方法はタウンプラスと呼ばれる方法で、対象地域にある郵便受けすべてに荷物を投函してくれるので、あて先は指定せずに郵便受けさえあれば配達されるというシステムになっています。

郵便配達を利用したポスティングサービスとも言えますね。


しかし、3月に布マスク配布を実施した北海道の場合は、配布漏れといったトラブルがあったようです。

今回の政府からのアベノマスク配布も、そのようなトラブルが起こるのではないかという心配の声が上がっています。

ニャー
ニャー

トラブルがあまり起こらニャいといいけど…

布マスクの正しい洗い方について

布マスクのいいところは、洗って繰り返し使えるところですよね!

でも、布マスクの正しい洗い方って知らない方も多いですよね。

布マスクの基本的な洗い方は、洗い桶などに浸して洗うという方法です。

洗濯機で洗ったり、もみ洗いをしてしまうと、布マスクの繊維を傷めることになってしまうので避けた方がいいでしょう。

もし汚れが目立つ場合には、もみ洗いではなくやさしく押し洗いをするのがおススメです。

マスクの正しい洗い方については、花王の洗濯用洗剤「アタック」の公式ツイッター上で紹介されているので、こちらを参考になさってください。

ニャー
ニャー

今まで洗濯機で洗っていたけどこれからはやめるニャ!

まとめ

今回は、政府から配布される布マスク、いわゆるアベノマスクについて、いつ届くのか、また配布方法と布マスクの正しい洗い方についてもお伝えしました。

東京都の場合、アベノマスクの配布は4月13日から開始されますので、早い地域ではその週のうちに届くことになりそうです。

アベノマスクの配布方法は郵送による方法で、タウンプラスというシステムが使われるということです。

布マスクの正しい洗い方は、洗い桶などによる浸し洗いが基本的な洗い方です。
洗濯機やもみ洗いは、マスクの繊維を傷めるのでやめましょう。

新型コロナウイルスによる感染者数は日に日に増加しています。

先の見えない状況は不安ではありますが、一日も早い終息を目指して感染防止に努めましょう!