人物

郡司裕也(慶大)の高校時代と経歴は?肩や彼女や背番号についても!

こんにちは!hiroです。

プロ野球の春季キャンプが始まりましたね!

今年入団する新人選手もキャンプに参加し、1軍や2軍への振り分けが注目されました。

そんな中、今年中日ドラゴンズに捕手として新加入する期待の選手が、慶応大学の郡司裕也選手です。

郡司裕也選手は、冷静なリードと強打が武器の選手で、ドラゴンズの春季キャンプで1軍からのスタートとなり、開幕戦からスタメン入りするのでは?と期待されています!

今回は、郡司裕也選手の高校時代と経歴は?肩や彼女や背番号についても!と題しまして、郡司裕也選手についてご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

郡司裕也選手の高校時代は?

郡司裕也選手は、野球の強豪校として知られる仙台育英高校出身です。

高校時代は1年生からベンチ入りし、2年生から正捕手として活躍していました。

そして、3年生の時は、春夏ともに甲子園に出場しました!

春の甲子園では2回戦敗退という結果に終わりましたが、夏の甲子園では、なんと決勝戦まで進出しています!

その決勝戦では、神奈川県代表の東海大相模高校に敗れ、残念ながら準優勝となりましたが、郡司裕也選手がタイムリーヒットを放つなどの活躍を見せました。


決勝で敗れた相手、東海大相模高校でピッチャーを務めていた小笠原慎之介選手は、現在中日ドラゴンズに所属しています。

高校時代、甲子園の決勝戦でライバルとして戦った郡司裕也選手と小笠原慎之介選手ですが、中日ドラゴンズではチームメイトとして一緒に戦うことになりますね!

郡司裕也選手の経歴は?

郡司裕也選手のプロフィールと経歴をご紹介します!

この投稿をInstagramで見る

明治神宮大会で大学日本一になった慶應大の4番打者! ドラフト4位でドラゴンズ入り! 背番号44! 郡司裕也選手のインソールを、作製しに名古屋に行ってきました! 初めましてでしたが、礼儀正しくしっかりと受け答えをしてくれました! 未来のミスタードラゴンズ! シヴァリージャパンもしっかり応援させていただきます❣️ メダイ&スター、可愛い可愛いと連呼してくれました😍 #リルワンスター #lillonestar #シヴァリージャパン #chivarlyjapan #オーダーインソール #ReNZ #ドラフト4位 #44 #郡司裕也 #ミスタードラゴンズ #捕手 #プロ野球 #ナゴヤ球場 #昇竜館 #セリーグ #ルーキー

LilloneSTAR☆リルワンスター☆(@chivalry.japan)がシェアした投稿 –

郡司裕也(ぐんじ ゆうや)

・生年月日 1997年12月17日(22歳)
・出身地 千葉県市原市
・出身小学校 市原市立水之江小学校
・出身中学校 市原市立ちはら台南中学校
・身長 180cm
・体重 83kg
・右投げ右打ち
・ポジション 捕手
・ちはら台ファイターズ→千葉市シニア→仙台育英高校→慶應義塾大学

郡司裕也選手は、兄の拓也さんの影響で、小学2年生の時から軟式野球を始めました。

小学6年生の時には千葉ロッテJr.に選ばれ、プロ野球ジュニアトーナメントに出場しています。

中学3年生の時には、所属する千葉市シニアが日本リトルシニア全国選抜野球大会で優勝し、日本一となりました!

千葉市シニアでキャッチャーと主将を務めていた郡司裕也選手は、ベストナインに選ばれています。

その後、兄と同じ慶応義塾高校を受験するも不合格となり、仙台育英高校へ進学。
高校時代は2年生から正捕手を務め、打線でも4番として活躍しました。

また、高校日本代表にも選ばれ、U-18ワールドカップでは3試合に先発出場し、チームの準優勝という成績に貢献しました。


高校卒業後は、中学生の頃から目指していた慶應義塾大学へ進学します。

慶應義塾大学では1年生の秋から正捕手を務め、3年生からは打線で4番を打つようになり、秋にはチームの主将にも選ばれました。

また、2年生の時には打率.345でベストナイン、3年生の時は打率.365で二度目のベストナインを受賞しています。

そして、4年生の秋季リーグ戦では、打率.394、2本塁打、10打点で戦後14人目の三冠王に輝きました。

同じく4年生の時に大学日本代表に選ばれ、4番キャッチャーとして活躍しました。


郡司裕也選手のこれまでの野球人生を見てみると、素晴らしい活躍ぶりですね!
プロ野球選手としての活躍も、とても期待できると思います‼

郡司裕也選手の肩は?

郡司裕也選手の肩ですが、六大学一の強肩と言われるほど、肩の強い選手です。


また、二塁送球は最速で1秒81ということで、2019年の秋季リーグでは盗塁阻止率.667という高い阻止率を記録しました!

郡司裕也選手は、肩の強さだけではなく、球を取ってから投げるまでの動きもスムーズで、送球のコントロールもバツグンなんです。

こちらのツイートでも、郡司裕也選手の盗塁阻止が話題になっています。


また、郡司裕也選手の遠投の記録は100mを超えるのだそうです。
郡司裕也選手の肩の強さは問題なさそうですね!

郡司裕也選手に彼女はいる?

郡司裕也選手の活躍ぶり、そして慶應ボーイということから、彼女がいそう!と思い調べたのですが…

郡司裕也選手に、彼女や彼女らしき人などの情報はありませんでした!

郡司裕也選手にもし彼女がいたとしても、そのような情報を漏らすようなことはしない選手だと思います。

しかし、今後はプロ野球選手として活躍する郡司裕也選手ですので、ステキな彼女の噂などが聞かれる日が来るかもしれませんね!

郡司裕也選手の背番号は?

中日ドラゴンズでプレーすることが決まっている郡司裕也選手ですが、背番号はいくつなんでしょうか?

調べたところ、中日での背番号は44ということです。


背番号の44というイメージについて、郡司裕也選手は「外国人選手のイメージ」と語っています。

郡司裕也選手は、これまで44という番号にはあまり縁がなかったようです。

慶應大学では、1年生の時の背番号は32で、3年生の時に10に変わりました。


また、侍ジャパンとしてU-18ワールドカップに出場した時の背番号は22でした。


どちらかというと、4という数字より2という数字に縁がある感じだったようですね。

44という背番号を背負い、プロとしてどのような活躍を見せてくれるのか、楽しみですね!

スポンサーリンク

まとめ

今回は、中日ドラゴンズへの入団が決まっている郡司裕也選手について、高校時代と経歴、肩や彼女や背番号についてご紹介しました。

郡司裕也選手は高校時代に甲子園へ出場し、決勝戦まで進出した経験があります。

慶應大学時代も1年生から正捕手として活躍、3年生の秋には主将に選ばれ、打線でも4番としてチームに貢献しました。

郡司裕也選手は肩の強い捕手で、二塁への送球は最速で1秒81、遠投は100mを超えるということです。

郡司裕也選手には彼女らしき人の情報はありませんでした。

中日ドラゴンズでは、背番号は44に決まりました。

郡司裕也選手が中日ドラゴンズでどのような活躍を見せるのか、目が離せませんね!