オリンピック

中西麻耶のカープや加藤大治郎との関係・スポンサーやかっこいいエピソードと画像も!

こんにちは!hiroです。

いよいよ東京オリンピック・パラリンピック開催イヤーとなる、2020年まであとわずかとなりました。

今回は、その東京パラリンピックに出場する、女子走り幅跳び日本代表の中西麻耶さんをご紹介したいと思います!

中西麻耶さんは、北京パラリンピックでは100m走で6位入賞、200m走で4位入賞を果たし、リオパラリンピックでは、走り幅跳びで4位に入賞した選手です。

そして、 2019年、ドバイで行われた世界パラ陸上競技選手権にて、金メダルを獲得!
2020年の東京パラリンピック日本代表に内定しました。

そんな中西麻耶さんの、広島東洋カープやバイクレーサーの加藤大治郎さんとの関係、そしてスポンサーやかっこいいエピソードと画像もご紹介します‼

中西麻耶(なかにし まや)

・生年月日 1985年6月3日(34歳)
・出身地 大分県由布市
・出身高校 私立明豊高校
・身長 158cm
・血液型 A型

スポンサーリンク

中西麻耶さんと広島東洋カープ

中西麻耶さんは、2018年10月にマツダスタジアムで行われた、広島対巨人のクライマックスシリーズ・ファイナルステージ第2戦で、始球式を行っています。

2011年から中西麻耶さんの担当となったカウンセリングコーチが広島出身で、広島カープで活躍していた黒田博樹さんも担当していたことから、この始球式が実現したそうです。


中西麻耶さんは、広島カープの田中広輔選手の大ファンなのだそう。

田中選手の背番号「2」のユニフォームに身を包み、惜しくもノーバウンドにはならなかったものの、力強いフォームで観客を魅了したそうです。

始球式を終えた後の感想は、「ワンバウンドは悔しい!」だったそうで、中西麻耶さんの負けん気の強さを表していますね。

中西麻耶さんと加藤大治郎さん

中西麻耶さんにはもう一人、大ファンだという人物がいらっしゃいます。

それが、オートバイロードレースレーサーの故、加藤大治郎さん。


加藤大治郎さんは、日本ではそれほど有名ではなかったのですが、海外では名の知れたレーサーでした。

ところが、加藤大治郎さんは2003年、鈴鹿でのレース中に事故でこの世を去ってしまいました。
まだ26歳という若さでした。

中西麻耶さんは、知り合いを通じて加藤大治郎さんの存在を知り、それから大ファンになったそうです。

中西麻耶さんの義足には、「74」という数字のステッカーが貼ってありますが、これは加藤大治郎さんの公式ステッカーなんだそうです。

中西麻耶さんのスポンサーは?

中西麻耶さんには、現在は複数のスポンサーがついています。

スポンサーとして名前が挙がるのが、うちのう整形外科、日本コカ・コーラ社、ネッツトヨタ東九州、阪急交通社などなど。

しかし、ロンドンパラリンピックを目前とした2011年には、資金が底をつき、中西麻耶さんは練習の合間にバイトするような生活を送っていました。

そして、考えた中西麻耶さんは、「自分をモデルにしてカレンダーを作り、それを売って競技を続行するための資金にする」ことを思いつきます。

知り合いのプロカメラマンに依頼し、中西麻耶さんはセミヌードカレンダーを発売、大きな話題となりました。


中西麻耶さんのその行動には賛成だけではなく、バッシングもかなりあったようです。

しかし、彼女のその行動力と鍛え上げられた美しい体は、素直に称賛に値するのではないでしょうか。

中西麻耶さんのかっこいいエピソードまとめ

・ソフトテニスに没頭していた中学時代、テニスの名門「明豊高校」に入学するため、自分からテニス部の監督に交渉、明豊高校テニス部員との試合に勝ち、入学を勝ち取った。

・足を重さ5トンの鉄骨に挟まれ、「切断か、接合してしばらく様子を見るか」との医師の診断に、事故の当日に迷わず切断を選んだ。切断して義足にした方が、早くスポーツ界に復帰できると考えたため。

・足を切断後、必死のリハビリを経て義足を付けてソフトテニスの大会に出場し、周囲を驚かせた。

・陸上に転向してわずか半年後に障害者陸上大会で日本記録を樹立。北京パラリンピックに出場し、4位と6位入賞を果たす。

・前述のセミヌードカレンダー発売後のバッシングでうつ病を発症し引退表明するも、競技に復帰し、世界パラ陸上競技選手権ロンドン大会で、走り幅跳びで銅メダルを獲得。

中西麻耶さんのかっこいい画像

リオパラリンピックに出場する中西麻耶選手のかっこいい画像


跳躍前の中西麻耶さん。
前を見据える姿がしびれるほどかっこいい!


美容院でカラー後の中西麻耶さん。
ロングヘア―もセクシーでかっこいいですね!


中西麻耶さん応援ソング『鳳凰』の発売記念トークライブポスター。

この投稿をInstagramで見る

😊パラリンピック陸上競技日本代表 中西麻耶 2018シーズン報告会😊のお知らせ 来月、12月15日土曜日18:30〜、大分市中央町のDA VINCIにて中西麻耶選手のトークライブがあります‼️今回はゲストにレゲエアーティストのDRIBBLA(ドリブラー)さんをお招きして、中西選手の為に書き下ろした応援歌も聴く事が出来ます‼️ 私も今シーズンはトレーナーとしてTeam Mayaに関わらせていただきましたが、移動や練習中にドリブラーさんの曲とともに過ごしてました😆チームみんなが自然に口ずさむぐらいヘビロテして聴いていた曲です。また、中西さんの今までのヒストリーとシンクロして曲を聴いてもらえると嬉しです😆‼️‼️‼️ また、何よりも今年のジャカルタで行われたアジアパラ選手権で獲得した金メダル🥇を是非、皆さんに見てもらいたいです😆‼️‼️‼️‼️このメダル🥇はもちろん中西選手が獲得したメダルですが、この夏、皆んなで合宿や練習を乗り越えたTeam Mayaの成果の証だと思っています。そのメダル🥇の輝きを皆さんに是非見ていただきたいです。 そして、来シーズンも大きな大会が目白押しです^ ^中西さんも皆さんの応援が一番のパワーになりますので、是非たくさんの方のご来場をお待ちしております😊‼️‼️‼️ #パラアスリート #走り幅跳び #アジアパラ金メダリスト #中西麻耶 #中西麻耶選手 #dribbla #応援歌 #トークライブ #oita #大分 #大分市 #大分市中央町 #davinci #チケット販売中です

Hiromi Kawamoto(@kawamoto.hiromi)がシェアした投稿 –


アーティスティックでモデルのよう。
中西麻耶さんの存在が、パラリンピアンの価値をより高めていることを感じる一枚です。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、パラリンピアンである中西麻耶さんの、広島東洋カープやバイクレーサーの加藤大治郎さんとの関係、そしてスポンサーやかっこいいエピソードと画像をご紹介しました。

これまで考えられないような困難や試練に直面しても、それを自分の力と決断で乗り越えてきた中西麻耶さん。

こんなにかっこいい女性が日本にいることに、誇りを感じずにはいられません。

2020年の東京パラリンピックでのご活躍を、心から応援したいと思います‼