オリンピック

畠田瞳(体操)が可愛い!経歴や大学と両親や妹・千愛についても!

こんにちは!hiroです。

体操団体女子代表として、2020年の東京オリンピックに出場する畠田瞳選手をご存知でしょうか?

畠田瞳選手は、その実力もさることながら、可愛い!と評判の選手なんですよ。

今回は、そんな畠田瞳選手について、畠田瞳(体操)が可愛い!経歴や大学と両親や妹・千愛についても!と題しまして、たっぷりとご紹介したいと思います‼

スポンサーリンク

畠田瞳選手が可愛い!

可愛い!と評判の畠田瞳選手。

可愛い動画や画像を集めてみました!

この画像は文句なしに可愛い‼


黄色のレオタードがお似合い!
可愛いというか、美しいですね!

この投稿をInstagramで見る

全日本 個人総合お疲れ様でした!何が起こるか分からない、そんな大会でした。 今日から数日かけて、大会のお写真と着用レオタードのご紹介投稿をします😼! 投稿初日は安定した演技で3位入賞🌟㊗️を果たした畠田瞳さんと、2枚目右が驚異の13歳、9位の畠田千愛さんです😊 演技後にみせた瞳さんの笑顔と、千愛さんのキリっとした表情がとても印象的でした。 * * #echter #体操競技 #全日本 #個人総合 #決勝 #畠田瞳 #畠田千愛 #レオタード #gymnastics #alljapan #gymnast #セントラル体操 #leotard #design #goldcolor #金色 三枚目、英訳はグーグル翻訳ですので悪しからず…

echter_gymnastics_sports(@echter_gymnastics)がシェアした投稿 –


雑誌で特集も組まれていたんですね。
アスリートとは思えないほど可憐な雰囲気で、とっても可愛い!

畠田瞳選手の経歴や大学は?

畠田瞳選手はどのような経歴の持ち主なのでしょうか?

まずは、プロフィールからご紹介したいと思います!

畠田 瞳(はたけだ ひとみ)

・生年月日 2000年9月1日(19歳)
・出身地 広島県生まれ、東京都町田市育ち
・身長 155cm
・体重 46kg
・出身中学 町田市立南成瀬中学校
・出身高校 日本体育大学荏原高等学校
・現在、早稲田大学スポーツ科学部在学中
・セントラルスポーツ所属

畠田瞳選手が体操を始めたのは小学3年生の時からで、それまでトランポリンで遊ぶなどはありましたが、体操競技にはあまり興味がなかったそうです。

その後、南成瀬中学校を経て、機械体操部が優秀な日本体育大学荏原高等学校に進学。

畠田瞳選手は、2017年の全日本体操種目別選手権で、段違い平行棒で見事優勝を果たしました。


そして、高校3年生の時に出場した第57回NHK杯(2018年)では、女子個人総合3位という成績を収めました。


高校卒業後は、早稲田大学スポーツ科学部に進学しました。

早稲田大学スポーツ科学部へは、総合型選抜Ⅰ郡(トップアスリート入試)というAO入試で合格しました。

このトップアスリート入試というのは、出願時にオリンピックや世界選手権に出場経験があるか、もしくはそれに相当する技能を有している選手でないと出願できない、特別に開かれた門戸です。

畠田瞳選手は、高校が日本体育大学の附属高校で、お父さんは、後述しますが日本体育大学で専任講師をしている方です。

ですので、周りからは日本体育大学に進学するものと思われていました。

しかし、こちらも詳しくは後述しますが、畠田瞳選手はお母さんがコーチを務めており、その環境を変えたくなかったのと、スポーツ科学部は学業の面でも充実していることから、早稲田大学への進学を決めたのでした。

現在、早稲田大学へは自宅から片道2時間ほどかけて通っているそうです。

そして、大学入学後の畠田瞳選手の成績ですが、 第58回NHK杯(2019年)で、女子個人総合2位という成績を収めています。

昨年より順位を上げ、より安定した美しい演技をされていますね!

畠田瞳選手の両親は?

畠田瞳選手のご両親ですが、どちらも元体操選手です。

父親の畠田好章さんは、1992年のバルセロナオリンピックで、体操団体の銅メダルを獲得したというすごい方です。

畠田好章さんは、その後のアトランタオリンピックにも出場しました。


好章さん、とってもイケメンな選手だったんですね!

そんな父・好章さんは現在、日本体育大学短大体育科で専任講師をされていて、体操部のコーチ・監督として多くの有名選手を育てているそうです。

その有名選手の中には、あの白井健三選手もいるそうですよ。

そして、お母さんは畠田友紀子さんという方で、『学生のオリンピック』と言われるユニバーシアードに出場経験があるということです。

母・友紀子さんは、コーチとして畠田瞳選手の指導にあたってきました。

畠田瞳選手は早稲田大学に進学した現在も、体操部には入らずに母・友紀子さんの指導のもと、練習に励んでいるということです。

そんなお母さんについて、畠田瞳選手は「すごく細かいところまで気付いてくれる、替えのきかない大切な存在」だと語っています。

畠田瞳選手の妹・千愛さんについて

畠田瞳選手には4歳年下の千愛(ちあき)さんという妹がおり、やはり体操の選手です。


千愛さんは現在中学3年生で、姉の瞳選手も通っていた、町田市立南成瀬中学校に通っています。

千愛さんは、2019年4月に行われた全日本体操個人総合選手権大会で、若干14歳ながら4位という成績を収めました。

この投稿をInstagramで見る

#畠田千愛

サプリさん(@supling)がシェアした投稿 –


千愛さんも、とっても可愛い選手です!

千愛さんは『ひねり姫』と呼ばれていて、床や平均台でのひねり技が得意なんだそう。

今後は姉妹での活躍も期待できますね‼

スポンサーリンク

まとめ

今回は、体操の畠田瞳選手について、可愛い画像や経歴と大学について、また、両親や妹の千愛さんについてもご紹介しました。

畠田瞳選手が体操を始めたのは、小学3年生の頃から。
母親がコーチとして、畠田瞳選手の指導にあたってきました。

畠田瞳選手はトップアスリート入試により、早稲田大学スポーツ科学部へ進学しています。

畠田瞳選手のご両親はともに元体操選手で、父親は元オリンピック選手の畠田好章さん。
母親は、ユニバーシアードに出場経験のある畠田友紀子さんで、現在も畠田瞳選手のコーチを務めています。

畠田瞳選手の妹は千愛さんといい、現在15歳の中学3年生。
やはり体操選手として活躍していて、将来が期待されています。

畠田瞳選手の今後の活躍に注目したいですね!

ニャー
ニャー

注目の体操女子選手については
こちらもご覧ください!

村上茉愛(体操)の小学校や経歴と子役時代とは?東京五輪と進路についても! こんにちは!hiroです。 日本体操協会は、体操女子の寺本明日香選手が左アキレス腱を断裂し手術したため、3,4月の個人総...