オリンピック

荒井祭里(飛び込み)の小学校や経歴は?名前の由来やかわいい画像も!

こんにちは!hiroです。

2020年は東京でオリンピックが開催されますね!

その東京オリンピックに出場が内定した、女性選手の第一号ってどなたかご存知ですか?

女性選手内定第一号となったのは、飛び込みの荒井祭里(あらいまつり)選手です!
女子10m高飛び込みに出場します。

荒井祭里選手は、小柄な体からは想像のつかないダイナミックな演技と、入水時に水しぶきを立てない「ノースプラッシュ」がとても美しく、世界最高クラスとも言われています。

今回は、荒井祭里(飛び込み)の小学校や経歴は?名前の由来やかわいい画像も!と題しまして、荒井祭里選手についてご紹介したいと思います‼

スポンサーリンク

荒井祭里選手の小学校や経歴は?

荒井祭里選手は、兵庫県出身です。

そして、荒井祭里選手の出身小学校ですが、兵庫県伊丹市にある、伊丹市立荻野(おぎの)小学校ということです!

荒井祭里選手は、荻野小学校1年生の時に、JSS宝塚スイミングスクールに入りました。

そして同じく、飛び込み競技も小学校1年生から始めています。

スイミングスクールに入ってすぐに飛び込み競技を始めるというのはなかなか珍しいですね!

どうやら、荒井祭里選手が通っていたJSS宝塚スイミングスクールには飛び込み用のプールがあり、それを見て「面白そう」と感じたことが、飛び込み競技を始めたきっかけだったそうです。

ただ、JSS宝塚スイミングスクールには10mの高さの飛び込み台というのはなく、1mと3mの高さの飛び込み台やトランポリン、エアロバイクなどの限られた練習環境の中、工夫しながら黙々と日々練習に励んでいるそうです。


そんな荒井祭里選手の経歴をご紹介します!

荒井 祭里(あらい まつり)

・生年月日 2001年1月18日(20歳)
・出身地 兵庫県
・出身小学校 伊丹市立荻野小学校
・出身中学校 伊丹市立荒牧中学校
・出身高校 私立甲子園学院高等学校
・身長 150cm
・体重 39kg
・好きな食べ物 おすし
・現在、武庫川女子大学 健康・スポーツ科学科1年生

荒井祭里選手は、荒牧中学校3年生の時に、全国中学の高飛び込み大会で優勝しました。

2016年に甲子園学院高校に進学すると、インターハイで1年生ながら高飛び込みで初優勝を飾りました。
インターハイでは、高校3年間の間すべて優勝しています。

2017年には、自身初の世界大会となる世界選手権に出場を果たします。

そして同じく2017年には、日本選手権で初優勝

2018年は、第18回ジャカルタ・アジア大会で高飛び込み5位という成績を収めました。

また、日本選手権では昨年に引き続き優勝し、2連覇を果たします。

武庫川女子大学に進学してからは、2019年に行われた日本室内選手権大会で2位

そして、第18回世界水泳選手権大会で女子高飛び込み決勝で9位となり、東京オリンピックへの出場内定が決まりました!

スポンサーリンク

荒井祭里選手の名前の由来は?

荒井祭里選手の名前ですが、けっこう珍しい名前ですよね!


祭里と書いて「まつり」さん。
私は今まで、まつりさんという名前の方に出会ったことがありません。

その珍しい名前の由来ですが、「周囲に人が集まるように」という願いを込めて付けられたんだそうです!

周囲に人が集まる人って、人気者ということですよね!

東京オリンピックという大舞台に出場が決まっているほどの荒井祭里選手なので、ご両親の願い通り、人が集まる人気者に成長していますね!

そして、今後ますますその人気が上がりそうです‼

スポンサーリンク

荒井祭里選手のかわいい画像!

かわいい!という声も多く聞かれる荒井祭里選手。

そんな荒井祭里選手のかわいい画像をご紹介します!

こちらは、ちょっと素の表情がかわいい!


次は、ナチュラルな笑顔がかわいい一枚です。

この投稿をInstagramで見る

#fina飛込ワールドカップ2020東京大会 続いては、 #女子10m高飛込 代表に選出されたのは、 #荒井祭里 (1枚目/#jss宝塚 ) #安田舞 (2枚目/#jocエリートアカデミー ) の2人です! 荒井選手は、昨年の#世界水泳 で9位に入りオリンピック代表内定を獲得しています! 飛び出しから入水まで、全ての形が綺麗、かつ水しぶきを立てずに入水することが得意な荒井選手。 安定感抜群の演技に注目です! 安田選手は、東京オリンピックを目指し、地元#鳥取県 を離れ2018年より拠点を東京に移し、日々練習を重ねてきました。 武者修行の成果をワールドカップで魅せてくれるでしょう! 小柄ですが、演技がダイナミックで美しい2人の演技に是非注目してください! チケットはプロフィールの#翼japan ブログより購入ください! #日本水泳連盟 #日水連 #水泳 #飛込 #diving #sports #最終選考会 #tokyo2020 #東京オリンピック #東京アクアティクスセンター #日本代表

日本水泳連盟 翼JAPAN公式アカウント(@japan_diving)がシェアした投稿 –


飛び込む前の美しい立ち姿。


陣内貴美子さんと。
2枚目の変顔がおちゃめ!

この投稿をInstagramで見る

先日、newsevery.で、飛び込みの玉井陸斗選手の取材に行ってきました。 10メートルの高さから飛び込む現在13歳の玉井選手… 東京オリンピックの時は14歳。史上最年少出場を目指しています。 13歳とは思えない落ち着きと大人の発言… 「周りの期待に応えられるようにこれからも頑張っていきます!」 玉井くん、そんなこと思わなくていいんだよ。 そんなこと思わずに、大好きな飛び込みを思い切って堂々とやる姿をみーんなに見てもらおうよ! そうすれば、おのずと結果はついてきますよ! そう思えました…😂 玉井選手と一緒に練習しているのは、板橋美波選手、荒井祭里選手。 3姉弟で頑張っています! 変顔🤪 了解もらってますよ(笑) #東京オリンピック #史上最年少出場を目指す #飛び込み #玉井陸斗選手 #大好きな飛び込みを思い切って堂々と #みんなに見てもらおう #板橋美波選手 #荒井祭里選手 #3姉弟仲良し #応援します #newsevery. #陣内貴美子 #変顔

陣内貴美子🏸Kimiko Jinnai熊本県出身(@jinnai_kimiko)がシェアした投稿 –

スポンサーリンク

まとめ

今回は、東京オリンピックへの出場が内定した女性選手第一号の荒井祭里選手について、小学校や経歴、名前の由来やかわいい画像をご紹介しました。

荒井祭里選手は兵庫県出身で、出身小学校は伊丹市立荻野小学校です。

小学校の1年生から飛び込み競技を始め、中学3年生のときには全国大会で初優勝。
インターハイでは高校1年生ながら優勝を果たしました。

その後は数々の国内の大会で優勝を収め、世界大会にも出場しました。

荒井祭里選手の「祭里」という名前の由来は、「周囲に人が集まるように」という願いを込めて付けられた名前だということです。

そのかわいさでも注目を集めている荒井祭里選手!
東京オリンピックでの活躍に期待したいですね‼

板橋美波(飛び込み)の大学とプロフィールは?怪我や結婚についても! こんにちは!hiroです。 2020年はいよいよ東京オリンピックが開催されますね! その東京オリンピックへの出場が...
畠田瞳(体操)が可愛い!経歴や大学と両親や妹・千愛についても! こんにちは!hiroです。 体操団体女子代表として、2020年の東京オリンピックに出場する畠田瞳選手をご存知でしょうか?...
【味の素瀬戸大也CM】馬淵優佳の兄弟や経歴と料理の腕前は?馴れ初めについても! こんにちは!hiroです。 2020年の東京オリンピックでは、水泳の瀬戸大也選手の活躍が期待されていますね! 瀬戸...