お出かけスポット

知的好奇心を刺激する!横須賀美術館へ行こう♪

こんにちは!hiroです。

皆さんはお子さんと一緒に美術館へ行ったことはありますか?

美術館というと、静かにゆっくり絵画や展示物を鑑賞する大人向けの場所というイメージなので、子どもを連れて行くなんてハードルが高く感じますよね

ですが、幼いうちから美術館に連れていくというのは、子どもの美的感覚を養うことはもちろん、将来の学力にプラスになることが多いというデータがあるんです!

そんないいことづくめの美術鑑賞ですが、やはり大人が多く訪れるような場所だと気が引けてしまうのも現実。

そこでおススメなのが横須賀美術館!
子どもが喜ぶ企画展示をやっていたり、イベントが開催されていたりするんですよ。
少し遠いですが、わざわざ行ってみる価値は大いにあります!

そんな横須賀美術館を今回はご紹介します♪

スポンサーリンク

美術館全体が美しい

横須賀美術館は、その建物自体がとても観賞価値の高い、ガラス張りの美しい建築物です。
設計は、山本理顕氏という著名な建築家によるものです。

立地も、横須賀市の観音崎という景勝地に建てられていて、美術館から眺める景色は絶景です!
その絶景がよく見渡せるよう、芝生を敷き詰めた前庭が広々と設けられており、「海の広場」という名前がついています。
海の広場」は本当に広く気持ちが良いので、息子は喜んで走り回っていました。

上の写真は、「海の広場」に面した「ヴァリーズ」という鉄の彫刻で、小径のようになっていてなかなか不思議で面白い空間です。
これも作品の一部ですが、息子と一緒に探検ごっこをして楽しみました。

また、美術館の屋上は庭園になっていて、こちらは「山の広場」という名前です。
美術館の後方にある山からアクセスできるようになっています。

前面の海と後方の山を生かしてまわりの風景と一体化し、自然に溶け込んだようなとても美しい美術館という印象です。

内部空間はというと、全体的に白くてシンプルなのですが、美術館の入り口がブリッジのようになっていたり、丸くくり抜かれた壁があったり、サインがイラストのように描かれていたりして、遊び心のある展示空間になっていました。

美術館全体がアートなんです!

子どもが喜ぶ企画展

私たちが訪れた時は、2019年夏季の企画展として「せなけいこ展」を開催していました。

せなけいこさんは絵本作家で、代表的な絵本として「ねないこだれだ」や「あーんあん」など、親しみやすい切り絵で絵本を創作している絵本作家です。

我が家にも何冊かせなさんの絵本があり、息子もとても親しんでいたので、企画展のポスターを駅などで見かけてとても行きたがっていました。

企画展は、原画がたっぷり300枚ほど展示してあり、絵本の世界をそのまま大きくしたパネルも展示されていて、大人もとても見ごたえのあるものでした。

幼稚園にもせなさんの絵本がたくさんあるようで、展示されている絵をみて「これ知ってる!」「これは○○なんだよ!」と何度も教えてくれました。

また、写真スポットも用意されていて、せなさんの絵本の中に紛れ込んだような写真が撮れて大満足でした!

ちなみに、昨年度の夏季の企画展は「三沢厚彦 ANIMALS IN YOKOSUKA」というもので、こちらも子どもたちが喜びそうな企画です。

どうやら毎年ではなさそうですが、この2年間の夏休み中は子ども向けの企画展を開催しているようです。

子ども向けの企画でしたら、他にもお子さん連れの家族がいっぱい来ていますし、気兼ねすることなく楽しめること間違いなし!です。

観覧料は中学生以下無料なのも、嬉しいポイントです。

大人は一人1000円です。

不定期で子ども向けイベントを開催

横須賀美術館では、ワークショップなどをお手伝いしてくれるボランティアの方々の活動があります。

中でも「すかび隊」というプロジェクトボランティアの方々の活動が年3回ほど行われていて、海の広場で子どもたちの遊びを提供してくれています。

先日行った際はたまたまその活動の日で、「海の広場で水遊び2019」というイベントが開催されており、参加することができました!

イベントはたくさんの家族連れで大賑わい。海の広場が子どもたちでいっぱいでした。
簡易テントを持参している方も何人かいて、美術館の広場ではないみたいでした。

イベントの内容は、プラスチックのパネルのようなものに色水を大きな注射器で注入したり、大きなシャボン玉を作ったり、ぬるぬるスライダーという、海の広場の斜面を利用したスライダーで滑ったり…。

息子は色水注入とぬるぬるスライダーがとても気に入って、全身ずぶ濡れになりながら時間いっぱいまで楽しんでいました。
すかび隊の皆さま、本当にありがとうございました‼

横須賀美術館のホームページから、すかび隊の活動がチェックできます。

次回はクリスマス関連のイベントを企画しているようなので、ぜひその時に合わせて行ってみてください!きっと楽しめると思いますよ♪

8月31日と9月1日には、すかび隊とは別のイベント企画で「夏の野外シネマパーティー」という、「海の広場」で夜にアニメ映画の鑑賞ができるイベントが実施されます。

1時間ほどのイベントですが、家が近かったら是非行ってみたい企画です!

イベントが盛りだくさん!

レストランも素敵

横須賀美術館には、「横須賀アクアマーレ」というイタリアンレストランがあります。

こちらは、イタリアンで有名な日高良実さんが総料理長を務めるお店です。

お店は「海の広場」に面していて、ガラス張りの開放的な店内からは、観音崎の海の風景が一望できて、とても気持ちの良い空間です。

鑑賞や遊びに疲れたあとの休憩でカフェとして利用しましたが、海を行きかう大きな船など眺めていたら、心から癒されました。

また、利用したのが夕方だったので、テーブルにはキャンドルが灯され、より一層素敵空間に。
次はゆっくりと食事で利用したくなりました。

ただ、席数はそんなに多くはないので、確実に利用するなら予約が必須です。
※カフェ利用での予約はできません。

レストランだけの利用もできます!

まとめ

今回は、横須賀美術館についてご紹介しました。

子ども向けの企画展のときに行けば、家族みんなで楽しめますし、イベント開催時ならよりいっそう楽しく過ごせます!

企画展やイベントがきっかけで美術館に足を運ぶ機会が増えれば、子どもがさまざまなことに興味を持つ可能性が広がります。

そして小旅行気分も味わえますので、是非ご家族で行ってみてください♪

最後までお読みいただき、ありがとうございました!