お役立ちグッズ

本当に知育に役立つグッズはこれでした!

こんにちは!hiroです。

子どもの知育に役立つグッズってどんなものか、気になりますよね。

おもちゃやものを買うにしても、より知育に役立つ方を買いたくなる方も多いのではないでしょうか。

そこで、私が知育に熱心な友人から聞いたり、自分で情報を集めたりして、結果的に知育にとても役に立ったグッズをご紹介したいと思います。

効果は我が家で実証済みです!

スポンサーリンク

絵本

絵本の読み聞かせは、何よりも一番の知育になると思います。

絵本を読む時間は、親子にとってとてもリラックスできたり、感情を共有できたりするとても大切な時間ですので、できればたくさんの時間を取っていただくのが良いです。

実際わが子の場合、絵本をたくさん読み聞かせしたおかげで、言葉の習得がとても早いと感じました。
言葉を発したのは1歳半とややゆっくり目でしたが、言葉がとても明瞭で、その後の2語文、3語文はあっという間に出てきました。

幼稚園入園前に「おしゃべりが完璧!」と周りのママたちに驚かれるほどでしたよ。

絵本の読み聞かせは赤ちゃんのうちからできますし、嫌がりさえしなければたくさんの本を読んであげることをおススメします。

そして、読み聞かせる絵本は、選ぶ際に注意が必要です。

なるべく自分が子どもの頃からあった絵本や、昔から読み継がれているロングセラーの絵を選んでください。そして、昔話でも現代風の絵や話になっているものではなく、難しく書かれていても古くから発行されている絵本の方が良いものが多いです。

絵本選びが難しかったら、絵本を毎月一冊ずつ送ってくれる定期購読サービスがいくつかありますので、そちらを利用するといいですね。

お絵描きボード

磁石式のお絵描きボードは、私が子供のときからある定番のおもちゃです。自分も大好きでこれでよくお絵描きをしていました。

代表的なものは「お絵描き先生」というものですが、似たようなものでも大丈夫です。

また、最近のお絵描きボードは進化していて、何色も書けたりするものがありますが、一色でも十分です。

このお絵描きボードで2歳くらいから遊ばせると、線や絵を描くのが楽しくなり、お絵描きが大好きになります。

お絵描きが大好きになると、字を書くことに興味を持つのも早かったりします。

文字に興味を持つのは、絵本をたくさん見せることにも関係があるかもしれません。ですので、お絵描きボードだけ、絵本だけ、ではなく、どちらも楽しむことが必要になります。

また、お絵描きボードにセットできて上からなぞってお絵描きできる、別売りのシートも併せて揃えるのがおススメです。

ドッツカード

ドッツカード」とは、幼児教育を研究していたグレン・ドーマン博士が開発した、幼児に数字を教えるためのカードです。

これは実際に使う前に、使い方を親が勉強する必要があります。ですので、ちょっとハードルが高いかもしれません。

ですが、実際に使ってみた結果、効果はかなりあると思います!

我が家の息子には、1歳頃からこのドッツカードを見せていました。やり方に従って毎日見せて、すべてのプログラムを3周してやめましたが、1歳半から数字に対する興味がものすごかったです。

数字が書いてあるものを見ると楽しそうで、電卓もお気に入りのおもちゃでした。
また、お風呂にあるデジタルパネルを毎日見て、デジタル時計に興味を持ち、2歳半には読めるようになっていました。

6歳になった今では、数字に対する興味は薄れてしまいましたが、小さいうちから数字に触れさせたことで、数字に対する抵抗はまったくないと感じています。

自分で動かせる針の時計

こちらは、数字に興味のあるお子さんに限りますが、自分で動かせる針の時計はぜひ小さいうちから持たせておいてほしいと思います。

私の場合は、小学校入学前に時計を読めるようにするための学研のもので、偶然友人からお下がりで頂いたのですが、結果的にとても役にたちました。

実際に息子が3歳のころ、針の時計が完璧に読めていたのです。

どのように時計の読み方を覚えたかというと、息子が時計を動かしながら「これ何時?」「これは何時?」と聞いてくるので、その都度答えます。何分まで正確に、面倒くさがらずに必ず答えてあげます。

それをしばらく繰り返していたら、自分で時計が読めるようになりました。びっくりです!

補足がありますが、上に書いたようにデジタル時計は2歳半に読めるようになっていました。
ですので、デジタル時計を読めるようにするのが先です。

数字好きなお子さまには、是非お試しください!

まとめ

今回は、我が家で使って実際に知育に役立ったものをいくつかご紹介しました。

知育は少し早いかな?と思っても、赤ちゃんの頃からコツコツ始めると、小学校入学前に慌てていろいろ教えなくても、自然に学習する力が身につくものだと実感しています!

特に男の子の場合、女の子のように「お手紙交換」をすることが少ないので、字を覚えたり書いたりすることに興味を持つように意識されるとよいと思います。

そして、知育だけに偏りすぎないように、いつもの遊びに少しプラスするくらいの気持ちで取り入れることも大切なポイントです。

この記事が皆さまの参考になれば幸いです!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!