子どもの食べもの

簡単に手作りできる!幼児のおやつをご紹介

こんにちは。hiroです。

離乳食が終わったころ、ふと「おやつは手作りしなくていいのだろうか」ということが気になってきました。

市販のおやつはいろいろと出回っていますが、できれば手作りしたい!
産まれる前はそう思ってはいたものの、実際に子育て中となると、とにかく時間がありませんよね。

自分がゆっくりする時間というのも、育児中は必要だと思います。

そこで、子どものお昼寝中にササっと準備して休憩もできちゃう、そんな簡単おやつレシピをご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

シンプルクッキー

おやつの王道、クッキーのレシピです。

ほんのり甘くてサックリとした食感は、子どもも大人も大好きですよね。

こちらは、平らに伸ばせばフライパンでも焼くことができます。その場合はしっとりとした食感になります。

作り方

1)すべての材料をボールに入れます。
ヘラなどでひとかたまりになるまで混ぜ合わせます。

2)混ぜ合わせた生地を12等分し、手で丸めます。
火が通りやすいように、真ん中は少しくぼませます。

3)オーブンの天板にクッキングシートを敷き、丸めた生地を並べます。
190℃に予熱したオーブンで、うすく焼き色がつくまで20分ほど焼きます。

手順も味もシンプルなクッキーです!

きな粉黒みつマカロニ

きな粉とマカロニの組み合わせは、よく園庭に遊びに行っていた保育園のおやつで出ることがあり、子どもたちに人気と聞いていました。

そこで、息子が当時好きだった黒砂糖を使ったら食べるかもと思い、考えたレシピです。

もちもちとして食べやすく、簡単に作れておススメの一品です。

作り方

1)黒みつを作ります。
鍋に、粗く刻んだ黒砂糖、きび砂糖、水を入れて中火にかけます。
沸騰したら弱火にし、アクを取りながら煮詰めます。
少しトロリとしてきたら火からおろし、保存ビン(煮沸消毒すること)に入れます。冷蔵庫で一週間ほど保存できます。
※冷めるととろみが増すので煮詰め過ぎに注意!

2)マカロニ、きな粉と合わせます。
マカロニは袋の表示通りにゆで、ザルに上げて水気を切り、器に盛ります。
黒みつ適量ときな粉をかけます。
※小さな子にはきな粉、黒みつ、マカロニを和えてあげた方が食べやすいです。

黒みつさえ作っておけば、ゆでて和えるだけでできるよ~!

かぼちゃ入り米粉のパンケーキ

パンケーキは離乳食の後期から時々食べさせていたので、好きなメニューのひとつでした。

でも、朝は我が家ではパンを食べるので、おやつはなるべく小麦粉を使わずにできるものを作りたいと思い、考えたレシピです。

さらに甘みがあるかぼちゃを加え、おやつなのに野菜もしっかり取れるようにしました。

米粉ではなく小麦粉で作ることもできます。

作り方

1)かぼちゃは皮付きのままラップに包んで、電子レンジで2分ほど加熱します。皮はみじん切り、身はつぶします。

2)ボウルにAとかぼちゃの身を入れ、泡だて器でよく混ぜます。
混ぜ合わせたBを加え、ダマがなくなるまで混ぜ、かぼちゃの皮を加えます。

3)温めたフライパンにサラダ油を薄く塗り、2)の生地をお玉に半分ぐらいずつとり、丸く落とします。
弱めの中火で焼き、ポツポツと穴があいたら裏返し、ふたをして両面がきつね色になるまで焼きます。

朝食にもおススメ~!

まとめ

今回は、簡単に作れるおやつのレシピをご紹介しました。

このレシピなら負担に感じず、思い立った時にいつでも作ることができると思います。

大人もおいしく頂けますので、子どもと一緒にステキなおやつタイムを過ごしてくださいね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました~!