CM

【味の素瀬戸大也CM】馬淵優佳の兄弟や経歴と料理の腕前は?馴れ初めについても!

こんにちは!hiroです。

2020年の東京オリンピックでは、水泳の瀬戸大也選手の活躍が期待されていますね!

瀬戸大也選手は、2019年に行われた世界選手権で男子400m個人メドレーと200m個人メドレーで2冠を達成し、2種目での東京オリンピック出場権を獲得しました。

そんな絶好調の瀬戸大也選手を支えているのが、妻の馬淵優佳(まぶちゆか)さん。

馬淵優佳さんは元飛び込みの選手ですが、美人すぎるアスリートということで話題になった人物です。
現在は味の素のCMにも出演していますね。

そんな美人と評判の馬淵優佳さんにはご兄弟がいるらしいですが、そのご兄弟もやはり美形なんでしょうか?

また、味の素CMにも出演し、妻としてトップアスリートを支えている馬淵優佳さんの料理の腕前はどんな感じなのでしょう?

今回は、味の素のCMに出演している瀬戸大也選手の妻、馬淵優佳さんの兄弟や経歴と料理の腕前は?馴れ初めについても!ということで、馬淵優佳さんについてご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

馬淵優佳さんの兄弟は?

馬淵優佳さんのご兄弟ですが、馬淵家は二人姉妹で優佳さんは次女です。

そして、馬淵優佳さんにはお姉さんがいらっしゃいます。

こちらが、お姉さんのユキさんの写真です。
ユキさんは、中国でヨガインストラクターをされていたという経歴の持ち主です。
現在はTestaさんという外国人の方とご結婚されているようです。


馬淵優佳さんは、お姉さんが大好きだそう。
また、お姉さんのユキさんも馬淵優佳さんが大好きだそうで、とっても仲良し姉妹のようです!

お姉さんは、家族であり親友ということですよ。
羨ましい関係ですね。


お姉さんのユキさんも、とても綺麗な方ですね!


そして、なんとユキさんとは、お子さんの出産予定日が1ヶ月ちょっとしか違わなかったそうなんです!


お子さん同士も、年がほぼ同じなのできっと仲良しなんでしょうね!

馬淵優佳さんの経歴は?

飛び込みの選手として活躍していた馬淵優佳さんは、いったいどのような経歴の持ち主なのでしょうか。

まずは、馬淵優佳さんのプロフィールからご紹介します。

馬淵 優佳(まぶち ゆか)

・生年月日 1995年2月5日(25歳)
・出身地 兵庫県宝塚市
・身長 163cm
・体重 52kg
・血液型 A型
・出身高校 甲子園学院高等学校
・出身大学 立命館大学 スポーツ健康科学部

馬淵優佳さんは、中国で飛び込みの選手だった父・馬淵崇英さんの次女として生まれました。
ご両親はどちらも中国出身で、1998年に日本に帰化しています。

馬淵優佳さんは3歳から水泳を始め、6歳で飛び込み競技を始めました。

そして、2008年に開催された日本選手権では、辰巳楓佳選手とのペアで、シンクロで高飛び込みと3メートル板飛び込みで二冠を達成しました。


2009年には、日本選手権の3メートル板飛び込みで2位となりました。
同年に開催されたアジア選手権と東アジア大会では、同じ種目で銅メダルを獲得しています。

2012年は、インターハイの板飛び込みで優勝し3連覇を達成しました。

そして2017年5月、22歳の時に競泳の瀬戸大也選手との結婚を発表。

その後、同年11月に競技からの引退を表明しています。


2018年6月には、長女の優羽(ゆわ)ちゃんを出産しました。

また、2020年3月に、第二子となる女の子を出産したことを発表しています。

馬淵優佳さんの料理の腕前は?

馬淵優佳さんの料理の腕前についてですが、どうやら料理がお得意のようです!

味の素のCMに出演しているのには、それなりの理由があったんですね。

馬淵優佳さんは、2019年9月にTBS『暮らしのレシピ』に出演し、料理を披露したこともあります。


この時は「簡単サラダチキン」や「オムライス」といった料理を披露しています。

しかし、実は馬淵優佳さんは、結婚する前はお料理は全然出来なかったということです。

料理が出来なさ過ぎて、サンマを焦がして煙だらけになったこともあるそう。

そんな馬淵優佳さんでしたが、瀬戸大也選手と結婚後は料理の勉強をして、アスリートフードマイスターの資格を取得したということです。

ただ料理が得意というだけでなく、アスリートフードマイスターという資格まで取得していたなんて、素晴らしい奥さまですね!

ちなみに、瀬戸大也さんはオムライスが好きなようで、「母の手料理で一番の好物はオムライス」と紹介していました。


母の味だったオムライスを、今は妻である馬淵優佳さんが引き継いでいるようですね。

馬淵優佳さんは、瀬戸大也さんが遠征から帰って来た時や、ここぞ!という勝負時に、オムライスを作ってあげているそうですよ。

瀬戸大也選手との馴れ初めは?

馬淵優佳さんは、2017年5月24日、瀬戸大也選手との入籍を発表しました。


とてもお似合いのお二人ですね。

そんな馬淵優佳さんと瀬戸大也選手の馴れ初めは、どのようなものだったのでしょうか?

お二人の出会いは2014年、馬淵優佳さんが立命館大学2年生の時です。

瀬戸大也選手が試合で宝塚市に来ていた時に、馬淵優佳さんの友人が彼を紹介し、一緒に食事をしたんだそうです。

その後の瀬戸大也選手からのストレートすぎるアプローチを、とても新鮮に感じたという馬淵優佳さん。

その前向きな人柄に惹かれていき、瀬戸大也選手を支えていきたいという思いに至ったそうです。

しかし、実は馬淵優佳さんと瀬戸大也選手は、場所は兵庫県と埼玉県とで離れてはいますが、同じJSSスイミングスクールに所属していました。

そのJSSスイミングスクールでは、大会で活躍するとパンフレットに写真が載るのだそうです。

そのパンフレットに毎年馬淵優佳さんが載っていて、瀬戸大也選手は子どもの頃から「かわいいな」と思っていたんだそう。

子どもの頃からの思いが通じて結婚に至ったなんて、とてもドラマチックですよね!

まとめ

今回は、味の素のCMに出演している競泳の瀬戸大也選手の妻、馬淵優佳さんについて、兄弟や経歴と料理の腕前、そして瀬戸大也選手との馴れ初めについてご紹介しました。

馬淵優佳さんのご兄弟はお姉さんが1人いて、馬淵優佳さんとはとても仲が良いそうです。

馬淵優佳さんは、父親が中国で飛び込みの選手をしていたことから、自身も6歳から飛び込みを始めています。
数々の大会に出場してきましたが、22歳で瀬戸大也選手と結婚を発表後、競技から引退しました。

馬淵優佳さんは、アスリートフードマイスターの資格を持ち、料理は得意のようです。

馬淵優佳さんと瀬戸大也選手の馴れ初めは、友人から瀬戸大也選手を紹介されて一緒に食事をしたということです。

東京オリンピックでの活躍がとても期待されている瀬戸大也選手。
最近の彼の活躍ぶりは、馬淵優佳さんとお子さんの存在がとても大きいようですね!